弊社製品における新元号への対応方針のお知らせ

平素より弊社製品をご利用いただき、厚く御礼申し上げます。

2019年5月に予定されている元号変更に伴う、弊社製品の対応方針を掲載致します。

【現場クラウド for サイボウズ Office】【地優陣】をご利用中のお客様

・改元日(2019年5月1日)未明にシステムメンテナンスを行い、2019年5月1日以降の和暦表記の箇所には新元号が適用されるようになります。
・主に文書の印刷イメージ(PDF)で和暦表記が利用されています。
・予定日として2019年5月1日以降の日付が入力されている場合、現時点では「平成」、上記メンテナンスを経由した後は「新元号」で表記されるようになります。
・新元号の初年は{新元号}1年と表記されます。
・新元号の「㍻」のような合字については閲覧する側の端末の環境に依存しますので、「平成」等の通常の表記で代用願います。

【現場Office】をご利用中のお客様

・ver5.5.1以降のバージョンが新元号に対応しています。
・マイクロソフト社から提供が予定されている更新プログラムを適用することにより、新元号への対応が完了します。
・主に写真管理ツールの台帳で和暦表記が利用されています。

【現場管理館EX】をご利用中のお客様

・新元号の「㍻」のような合字については閲覧する側の端末の環境に依存しますので、「平成」等の通常の表記で代用願います。
・その他、システム内で和暦を利用している箇所はありませんので、影響はございません。