よくあるご質問

[GC-770] 発議文書を間違って回覧してしまったので戻せませんか。

特定の条件において回覧した文書を引き戻すことが出来ます。

受注者から発注者へ回覧した文書の引き戻し可能な条件

  • 発注者内で誰も閲覧(印刷)していない。
  • 発注者内で回覧していない。

発注者から受注者へ回覧した文書の引き戻し可能な条件

  • 受注者内で誰も閲覧(印刷)していない。
  • 受注者内で回覧していない。

発議文書の編集画面

 

 

注意点

  • 文書引き戻し操作を行うと、文書所有者には文書を引き戻している内容の通知メールが届きます。
  • 文書を引き戻した場合、操作ログが残ります。
  • 回覧もしくは閲覧した場合、回覧先のユーザーにて承認または文書の移動を行ってください。
こちらの記事はお役に立ちましたか?
役に立たなかった役に立った
読み込み中...