工事情報の入力方法

工事情報の入力方法についてご案内します。

工事情報を入力する際はCORINS情報を事前にご用意ください。

1

発議管理画面の「工事情報」をクリックします。

 

 


2

入力画面が表示されます。(必須)は入力必須の項目です。

 

 

 

 


ワンポイント!

CORINS(XML)、INDEXC(XML) ファイルがあれば、「参照」より読み込みが出来ます。


3

「発注年度」は西暦を入力します。

「工事番号」は各発注元で規定されている番号を入力します。

「工事実績システム登録番号」はCORINS登録番号を入力します。

 


4

「工事分野」「工事業種」は(下向き矢印)をクリックし、選択します。

「工期開始日」「工期終了日」は(カレンダー)をクリックし、日付を選択します。

「工事内容」は工事概要及び主工種とその数量を入力します。

 


5

「工種・工法型式」「住所情報」は(参照)をクリックし、選択します。

 


6

「測地系」は(下向き矢印)をクリックし、選択します。

 

 


7

境界座標は度・分・秒を連続した数字7桁で入力します。

例)135度42分32秒→1354232  33度12分12秒→0331212


ワンポイント!

CORINSにて境界座標の登録をされていない場合

境界座標の確認は「境界座標入力支援サービス」をご利用ください。

画面左側の「緯度経度」を確認します。

※ 境界座標の参考サイト: 国土地理院
測量成果電子納品「業務管理項目」境界座標入力支援サービス

 


8

「発注者-大分類」は(参照)をクリックし、選択します。
「発注者-大分類」を選択いただくことで、「発注者-中分類」「発注者-小分類」「発注者コード」も反映されます。

 


9

入力完了後、「適用」をクリックします。発議管理画面が表示されたら完了です。

 


ワンポイント!

画面上部の「入力情報の検査を行う」にチェックをつけると
(必須)となっている項目に未入力がある場合、メッセージが表示されます。

メッセージが表示された場合は、修正をします。