スタートガイド~熊本県専用~

利用する際のポイントについてご紹介します。

目次

工事情報の入力

発議文書を作成する前に工事情報へ必要事項を入力します。
入力した内容が発議文書の対象の入力項目に自動反映されます。

1

発議管理画面の画面中央に表示されている「工事情報」をクリックします。

 

 


2

「工事番号」は工事仕様書の番号を入力します。
例:平成▲▲年度 防災安全改築 第〇〇〇-〇-〇〇 号

「工期開始日」「工期終了日」はカレンダーをクリックし、日付を選択します。

 


3

「住所情報」は参照をクリックします。合併・変更前の旧市町村名を選択します。

 


4

住所欄に詳細住所を入力します。市町村合併で名称が変更になっている場合は、現在の市町村名を入力します。

 


5

「請負者名」は正式名称で入力します。

入力完了後「適用」をクリックします。

 


6

入力した内容が発議文書へ自動反映されます。

 

 

 目次へ

回覧ルートの設定

発議文書の作成時に回覧ルートの設定を行います。文書ごとに回覧ルートの設定を変更することが出来ます。
設定方法についてはマニュアルをご確認ください。

 

ワンポイント! 発議文書の種類ごとに最終承認者の設定を変更します。

【報告・協議書】【報告・協議書<現場業務委託>】

【提出書】【提出書<現場業務委託>】

受注者(現場代理人)を最終承認者に設定します。

 

 

 

【工事履行報告書】【段階確認・立会願】

発注者の最上位者を最終承認者に設定します。

 

 

目次へ

 

発議文書の未入力チェック機能

発議文書内に未入力項目がある場合にメッセージが表示されます。承認前に未入力項目がないか確認ができます。
それぞれのメッセージの内容と操作方法についてはマニュアルをご確認ください。

 

ワンポイント! 発議管理画面で未入力項目を確認できます。

未入力項目がある場合に発議名の左側に(iマーク)が表示されます。マウスのカーソルを合わせると受発注者双方の未入力項目がすべて表示されます。

目次へ